参   照

湾岸戦争における劣化ウラン使用とその被害 」

 

ヘレン・カルディコット 02/10/6 バルティモア・サンより(アボリション2000 MLより)

 

ニューヨーク発― ブッシュ政権がイラク民衆への戦争を準備しているが、憎悪 の矢面に立つのは、サダム・フセインではなく、イラクの一般市民なのであるか ら、前のペルシャ湾岸戦争における医学的影響を想起することは重要である。 1991年の紛争終結までに、米国がイラク、クウェート、およびサウジアラビアの 戦場に投下し、放置した、対戦車弾その他の爆薬に含まれる劣化ウラン(ウラン 238)は300‐800トンである。 「劣化(Depleted)」という語は、核分裂性成分であるウラン235を皮肉にも 「富化(濃縮)」と呼ばれる工程を通じて除去することを指す。除去して残った ウラン238の密度は、鉛の1.7倍である。それが対戦車弾の材料として使用され、 発射されると、非常な威力を発揮し、戦車の装甲をナイフでバターを切るように 切り裂く。 ウラン238の特性は、ほかにどのようなものがあるだろうか。 第1に、自然発火性である。劣化ウランは、高速で戦車に衝突すると炎を上げて 炸裂し、直径5ミクロン以下のエアロゾルを生じ、その細かい粒子は大気を通じ て最終的にたやすく肺に吸入される。 第2に、劣化ウランは陽子2個と中性子2個で構成され、他の放射線よりも重い アルファ粒子を放出する潜在的発ガン性のある放射性物質である。いったん体内 にとりこまれると、吸入されて肺に入った場合でも、肉体にあたって傷から入っ た場合でも、または、食物連鎖と汚染された水の濃縮を摂取し消化した場合で も、肺、骨、血液、または腎臓のガンを誘発する可能性がある。 第3に、その半減期は45億年であり、イラクやクウェートのこの弾丸が使用され た地域は、今後永久的に放射能の影響にさらされることになる。 子どもは成人より、10倍から20倍、放射能に対して敏感である。たとえば、イラ クのバスラ市にいる私の同僚である小児科医の報告によると、小児白血病と小児 ガンの発生率は6倍から12倍に増加した。しかも、米国と国連によるイラクへの 制裁のため、抗生物質、抗がん剤、また患者を治療するための効果的な放射線医 療器具も入手することができない。  劣化ウラン兵器が使用されたイラクの被曝した人々の先天的形成障害は、2倍 に増え