展示写真 

「湾岸戦争の子供たち」写真展の全米ツアーで展示される写真の一部です。 

写真をクリックすると大きくご覧になれます。

 

a boy     father & son

starving baby     a girl

Tank     baby  

Photo by Takashi Morizumi. All Rights Reserved.

 

Takashi Morizumi Profile

森住 卓 

http://www.morizumi-pj.com/index.html 1951年生まれ。フォトジャーナリスト。1983年より三宅島米軍基地問題の長期取材に入り、共著「ドキュメント三宅島」  (大月書店)で 1988年に日本ジャーナリスト会議奨励賞を受賞。 1994年より世界の核実験場の被曝者を取材開始する。 1994年「旧ソ連セミパラチンスク核実験場の村--被曝者のさけび」を自費出版、売り上げを被曝者の薬代に充てている。 セミパラチンスクの写真で96年視点展「視点賞」。 1999年「セミパラチンスク−−草原の民・核汚染の50年」(高文研)出版。週刊現代「ドキュメント写真大賞」、第5回平和協同ジャーナリスト基金奨励賞をそれぞれ受賞。1999年、個展「被曝者のさけび−−旧ソ連セミパラチンスク核実験場の村」(東京・銀座ニコ ンサロン)を開催。写真パネルを各地の公民館、や平和の催しに貸し出している。同時に核実験被害の実情を講演。 2000年「民族の嘆きーコソボ1999」で写真公募展「視点」奨励賞受賞。 「セミパラチンスク 草原の民・核汚染の50年」(高文研)が日本ジャーナリスト会議特別賞 著書には他に「ウィーンフィルハーモニー管弦楽団」(読売新聞社)など。

現在、湾岸戦争で米英軍が使った劣化ウラン弾の被害をイラクで取材中。ユーゴでNATO軍が使った劣化ウラン弾の被曝者取材中。